« パグ絵 蕭白より「だるまパグ」 | トップページ | バラ地蔵 »

2007年7月17日 (火)

わたしの特別な書棚から-専門書紹介-(17)

画集・図録など

ちょっと前のこと、ある発掘調査員が、いつのまにそんな調査をしていたのか、「調査したところの報告書ができたから」といって、厚めの一冊を差し出してきた。発掘調査地点は、東京墨田区の「被服廠跡地」。「ああ、この場所は」というと、相手は「なんのこと?」と応じた。その調査員は直接現場調査をしたわけではなく、指導的立場にあるひとだったが、なにも知らなかったらしい。びっくりしてしまった。歴史には、忘れてはならないとされるものがある。とはいえ、どんなことでも、時間とともに忘れられてしまうこともあるだろう。しかしながら、失われゆく歴史を読み解く考古学に従事する調査員が、知らなかったではすまされないこともある。

この調査地点は、関東大震災のとき、4万人近い犠牲者を出した場所なのだ。その場所を調査しながら、知らなかったではすまないだろう。(さすがに報告書の中の調査地点についての歴史的概要では、墨田区の教育委員会のかたが書かれたのか、ほかのどなたかなのか、関東大震災についても触れてあった。このときの調査では大震災に関連するものはなにも検出されなかったそうだが、現場担当調査員の意識がなくては、近現代のものなど攪乱ということで、早々に重機で一気に削られてしまう可能性もある。調査者が注意しなければならない点である。)

ちょうど夏休みが近づいてきた。関東大震災もそうだが、どうしてもこの時期になると、太平洋戦争のとを耳にする機会が多くなる。とくに原爆被爆のことは、決して忘れてはならない歴史のひとつである。これを忘れるひとはそういないだろうが。

そこで、今回は、こうした忘れてはならない歴史をより具体的に知る、感じとってもらうためにだされた画集・図録のいくつかを並べてみた。

図説 関東大震災 Book 図説 関東大震災

販売元:河出書房新社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

図説とあるが、イラストではなく、当時の写真満載で構成されている。

写真で見る関東大震災 Book 写真で見る関東大震災

販売元:筑摩書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは、タイトル通りの本。文庫サイズで手ごろな値段でもある。

あの日を忘れない―描かれた東京大空襲 Book あの日を忘れない―描かれた東京大空襲

著者:すみだ郷土文化資料館
販売元:柏書房
Amazon.co.jpで詳細を確認する

忘れてはならない歴史としては、東京大空襲もそう。まだ、歴史とはいえないかも。体験者の絵で構成されているが、写真よりも悲惨さが生々しく伝わってくる。一枚一枚の絵が、胸に痛い。

Book
母と子でみる東京大空襲
販売元   草土文化
定価(税込)   ¥ 1,260

写真で構成されていて、文章にルビがふってあって、こどもにも読めるものになっている。こどもには衝撃的な写真もあるが、衝撃を受けることも「学び」となるだろう。編者の早乙女勝元氏には、岩波新書で『東京大空襲』という著書もあり、これはつらい聞き取り調査による執筆であり、いまや基本文献のひとつだろう。

ただ、空襲を受けたのは、東京ばかりではない。ほぼ日本全国、あっちでもこっちでも爆撃を受けている。そのことを見落としてはならない。

原爆写真 ノーモア ヒロシマ・ナガサキ 【日英2カ国語表記】 Book 原爆写真 ノーモア ヒロシマ・ナガサキ 【日英2カ国語表記】

販売元:日本図書センター
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これ写真とイラストで構成されている。わたしがこどもの頃、原爆投下25年目で出された『朝日グラフ』の特集記事でみた写真はもっとショッキングなものがあり、いまだに忘れられないものもあった。その点らすると、本書の写真は、まだ優しいものかもしれない。

Book 図録原爆の絵―ヒロシマを伝える

販売元:岩波書店
Amazon.co.jpで詳細を確認する

これは体験者の描かれた画集。これが本当にあったことなのかと思うほどだが、本当にあったのだ。こんなこと、二度と繰り返してはならないとつくづく考えさせられる。

Book
新版 原爆の図
著者   丸木 位里,丸木 俊
販売元   原爆の図丸木美術館
定価(税込)   ¥ 3,990

これ有名な丸木夫妻が被爆体験を、やや観念的にまで進めて描きつづけていらっしゃる作品集。埼玉県にある丸木美術館は最近経営的に苦しんでいるときく。こういう仕事を潰してはならない。できるだけ多くのひとに行って欲しいし、絵もみて欲しい。ちなみに、丸木氏のお母様の絵も、一味ちがった画風・主題で、味わいがある。

ちなみに、昨今「原爆投下はしょうがない」といった大臣がいたが、大人社会の大義名分(いいわけ)なんぞ、そう簡単に信じられない。原爆投下に関しては、以下のような研究書もある。これを信じるかどうかは個人個人だろうが、偏らない冷静な判断をくだすには、とにかくいろんな意見をきき、中道の視点をもつことが必要だろう。

原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀 Book 原爆を投下するまで日本を降伏させるな――トルーマンとバーンズの陰謀

著者:鳥居 民
販売元:草思社
Amazon.co.jpで詳細を確認する

さらに、以下の本は、関東大震災の被災の陰に隠れてしまっている感のある事件。都合のわるいことに蓋をしてしまわないよう、こういった本にも目を通すようにしている。

関東大震災と朝鮮人虐殺―80年後の徹底検証 Book 関東大震災と朝鮮人虐殺―80年後の徹底検証

著者:山岸 秀
販売元:早稲田出版
Amazon.co.jpで詳細を確認する

(18)へつづく

にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

|

« パグ絵 蕭白より「だるまパグ」 | トップページ | バラ地蔵 »

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/247234/7144649

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの特別な書棚から-専門書紹介-(17):

« パグ絵 蕭白より「だるまパグ」 | トップページ | バラ地蔵 »