« 鎌倉漂着のクジラ骨 | トップページ | パグ絵・伝助-パグ »

2007年8月23日 (木)

わたしの特別な書棚から-専門書紹介-(22)

『縄文の動物考古学』について

縄文の動物考古学―西日本の低湿地遺跡からみえてきた生活像 Book 縄文の動物考古学―西日本の低湿地遺跡からみえてきた生活像

著者:内山 純蔵
販売元:昭和堂
Amazon.co.jpで詳細を確認する

考古資料のうち、土器や石器だけではなく、動物遺体をはじめとする自然遺物の分析・調査も重要であり、そうした面からの研究も進めていこうとするニューアーケオロジーという概念が提唱されたのは、1970年代のことだった。

ところが、いまだに発掘調査段階で動物遺体資料は捨てられたり(とくに江戸遺跡)、目だった大きなものしかサンプリングしないとか、といった事態は普通に行われており、予算がないからと、分析対象にすることもおそろしく少ない。こんなことは、土器や石器ではありえなかいことである。

こうしたことが続いているのは、動物遺体を専門とする人間(つまり、わたしのような)が、その重要性をちゃんと説いてこなかったからである、といわれたこともある。そこで、なんとかしなくては、と思いつつあるところ、『縄文の動物考古学』と、ストレートなタイトルの本が出た。これは、久しぶりに刊行された「動物考古学」の概説書に違いない。そう思って、喜んでさっそく購入し、読んでみた。

結果、期待とは違っていた。この本は、福井県鳥浜貝塚と滋賀県の2遺跡から出土した縄文期の動物遺体資料を使った、長大な研究論文といったもので、一般向けの概説書とはいえないものであった。著者も、とくに動物遺体の専門家でもないのかな。

論文の内容に関しては、順序だてて細かくさまざまな分析を行っているようで、きめ細かさを感じるが、結論として、シカ猟・イノシシ猟を○月、○○月と、現在の12月で記述しているところが気になる。

動物というものは、1月だから、2月だから、といった形で生活しているわけではなく、気候など環境条件によって生態状況も変化するものであろう。となると、狩猟時期を推定するには、まず縄文期(それも、前期や後期ではまったく違う。縄文海進、海退というのがあって、前期などは気候温暖期にあって、関東でいえば、東京湾などは、湾奥は現在の埼玉県にまで達していた)の気候、それによる地域的植物相・動物相なども考慮にいれ、その環境下では、研究対象とする動物がどういう生態を示すのかを調べなければならないだろう。

現代でも、暖冬、猛暑、温暖化などで、動物が通常とは異なる動きをみせて、ニュースのネタになったりしている。環境条件というものは、決して無視できるものではないのだ。本書は、そこのところの詰めが甘いようだ。せっかく細かく検討しているのだから、こうした面も大事にしてほしかった。

とはいえ、わたしもかつて、気候温暖化期にあった縄文早期の、スズキ(某貝塚出土の主体魚種)の漁労時期を推定しようとして、まず現在の気候条件でわかっているスズキの年間行動を、縄文早期の推定年平均気温にあわせて修正しようとしたら、一年中漁労可能ということになり、漁期の推定などできなかったことがある。また、こうしたことも、結局は机上論で、実際気温・海水温が高いときの動物の行動など、実際にそういう条件化での観察がなされないかぎり、なにが正しいのかわかりゃしないであろう。

よって、せっかくの本書も、結論的には、参考でとまってしまうかも。それでも、こうした研究方法を提示していただけたということで、考古資料としての動物遺体分析の重要性も、世に伝えられたのではないか、とも思う。本書の意義は、「あとがき」に書かれている。わたしの抱いているいらだちも、著者の思考と相通じるものだろう。考古学という世界には、もっと、こういう研究者が必要なのだと考える。

ただ、統計学的用語・方法などは、説明もないため、一般にはよくわからないだろう。一般書籍として刊行する以上、そうした面での配慮も欲しいところではある。

刺激をいただいた。いつか、自分もちゃんと一書を書かねばと思うしだいである。

にほんブログ村 本ブログ 学術・専門書へ

|

« 鎌倉漂着のクジラ骨 | トップページ | パグ絵・伝助-パグ »

「動物」カテゴリの記事

「書籍・雑誌」カテゴリの記事

考古学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/247234/7627130

この記事へのトラックバック一覧です: わたしの特別な書棚から-専門書紹介-(22):

« 鎌倉漂着のクジラ骨 | トップページ | パグ絵・伝助-パグ »