« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »

2007年10月

2007年10月28日 (日)

チャミとキャンディ・小さな台風

チャミとキャンディの話のつづき

Photo

チャミとキャンディがきて、「すみれ」がいたときでもしずかだったわが部屋が、いっきに騒々しくなった。

とにかくこの二匹、よく遊ぶ。子ネコとはいえ、「子ネコって、こんなだっけ」というぐらい暴れまわった。

とくに、チャミのほう。この子はキャンディに比べると体の成長が遅く、ひとまわり小さいぐらいだったのだ(チャミはおとなになっても、小さくやせっぽっちの体格のままだった)が、体内にもっているエネルギーは爆発的で、かつての「シャア」以上だった。

走りまわり、とびまわり。「すみれ」などは棚の上にのるにも、音もたてずにひらりとのり、そこにあるものには足も触れずにいたのだが、チャミは勢いそのまま、なんでもふっとばす。まるで、ボーリングの球だ。自分がいこうとしているところに、ものがあるのがわるいとばかり、かろうじて小物のいくつかがそこに残れば、これをも前肢ではらいのけた。

キャンディは本来おとなしい性格だったのではと思うのだが、これもまた、チャミがとびはねだすと、いっしょになって走りまわる。さすがにチャミのように、行く手にあるものをはねとばしはしない「しとやかさ」はもっていたが、それでも二匹そろうと、台風のまなかで生活しているようだった。インテリアの小物など、どこにも置けなくなった。

この二匹がなにより好きだったのは、台所で水仕事をしていると、横にあった茶筒などを入れていたミニコンテナにとびのり、身をのりだして流れる水を見つめることだった。写真はそんなときの一枚。なにがきっかけで、なにが面白かったのかわからない。ともかく、これが一日のなかで、どうしてものがしたくない出来事だったらしい。

その際、そばにあった幸福の木にもかけのぼるのだが、あっというまに枝のすべてが折れ、ただの一本の棒になってしまった。

こうしてみると、先代の「すみれ」は、ネコらしくないほどおとなしい子だったのだと思う。

それだけでなく、この子たちは、それまで無縁だったノミをもちこんでくれた。最初、家のなかに連れ込むまえにチェックしわすれた自分がわるいのだが、自分がノミに対してアレルギー体質だったのを、はじめて思い知らされた。足や手に数多くの湿疹、それが治っても、あとがのこる。

すぐに仲介してくれた獣医さんのお世話になったが、室内のノミ退治は長い戦いとなってしまった。

そして、二匹にはもうひとつ、もちこんでいたものがあった。

その結果、ふたつの小さな台風は、ひとつだけになる。

にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月26日 (金)

アライグマを見た

夕方、東京都日野市の梅林わきを通っていたら、突然なにかが林の奥からとびだしてきて、わたしのすぐ横を走りぬけました。

「ネコより大きい。タヌキか」

と思った瞬間、それは林わきの用水路に突っ込みました。のぞくと、浅い水の中でうろうろしている様子。なんと、タヌキではなく、アライグマでした。

アライグマは、排水溝をみつけると、その中にとびこんで姿を消しましたが、わたしはしばらく動けませんでした。

住宅地でも、タヌキはこれまでも何度かみているのでびっくりしません。ハクビシンをみたときは、ちょっと驚きました。今度はアライグマ。

どこかでは、飼育されていたものが逃げだして野性化しているようですが、ここらでもそうなのか。それとも逃げだしてきたばかりだったのか。

いずれにしても、自分が動物園以外でこうした動物を見るとは思っていませんでした。

ただひたすら、あの子の今後が心配です。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2007年10月24日 (水)

目の具合がよくなって

目の具合がだいぶよくなって、あちこちにご心配をかけてしまいましたが、どうやら横になって休まなければならないような状況からは脱したようです。

まずは仕事から再開させなければなりませんが、本ブログにおいても、パグ絵など、また新たな気持ちでとりくみたく、あせらずやっていこうと考えております。疲労による目の痛みがこんなひどいものとは思っていませんでした。ちょっとこりたところです。

ところで、目がおさまったら、耳がどうかしたのでしょうか。

先日の朝、元若乃花、花田勝氏のかつての結婚会見のときのVTRをテレビで流していましたが、記者の「どんな家庭を」との質問に、夫人が「体重のあふれる家庭を」といっているように聞こえました。「おもしろい」と思ってテレビ画面に目をやったのですが、じっさいは、「愛情あふれる」だったようです。話題としてはどうでもいいことですが。

そういえば、目の具合がわるかったときに、車のナンバープレートの「八王子」の文字が、一瞬「バナナ」にみえたりもしました。よくみると、ちょっと似ているような気がしないでも。世の中、まじめに生きているつもりでも、こなんことばかりです。

以上、ご報告とくだらない話でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2007年10月20日 (土)

鎌倉漂着のシカ骨(1)

Photo_2 Photo_6

磨耗していますが、 写真左はシカの左橈骨の遠位側片(右側前面、左側後面)、写真右は鹿角片だと思われます。

シカの骨も、鎌倉の浜でちょこちょこ採集されるもののひとつです。  

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2007年10月13日 (土)

姉妹ネコ・チャミとキャンディ

「すみれ」のあとの話。

「すみれ」亡きあと、日々が虚となった。

一方では、近所はノラネコ天国。

そこで、裏の駐車場で夜やっているネコの集会をそっと見にいったり、夜中にアパート前で大声をあげているネコの喧嘩を仲裁しにいったりしていた。この喧嘩を止めに行ったとき、去っていくネコと私の足元にとどまるネコがいて、とどまるのは、いつもきまったネコだった。このネコとは、あとでもっと密接につきあうことになるのだけど、それはまだあとの話。

そんなこんなのある日、「やっぱりともに暮らすネコがほしい」と思いつつ道を歩き、あの「すみれ」最期のときに駆けつけた動物病院の前まできたとき、

「子ネコの里親求む」

の張り紙に気がついた。

そこには、白黒の美ネコといったかんじの子と、黒や茶の毛色がごちゃごちゃになってゴミになった毛だまのような子の写真がのっていた。

「この、白黒の子なら」

と思ったときには、わたしは病院の扉をあけていた。

こどもの頃からどっちかというと引っ込み思案で、なかなか積極的行動にでない自分としては、まことに珍しいことであった。そして、自分からネコを求めるのも、初めてのことであった。

受付に、獣医さん自身がいた。「なにか」というので、

「張り紙のネコのみとで」と応えると、

「里親希望ですか。いま、張り紙したばかりなのに、これは早い。で、どっちの子?」と、目を丸くしていう。

わたしは、「白黒」とだけ口にした。

獣医さんは「では、飼い主さんに連絡を」といって電話をかけたが、すぐに受話器を置いて笑っていった。

「なんか、すごくタイミングがいいな。飼い主さん、子ネコ2匹も連れて、いまこっちへ来るようですよ」

この飼い主さんのところにいる親ネコは、これまでに何度も子を産んで、高齢になって産んだ今度の2匹を最後にするため、これから避妊手術を受けるのだそうだ。

そんな話を聞いてるうちに、飼い主さんがかごをもって入ってきた。獣医さんが説明をすると、飼い主さんは手にしていた買い物かごをわたしに見せた。ちっちゃなネコが、そのなかでもぞもぞしている。飼い主さんは、頭を下げていった。

「仲のいい子なんです。できれば、一緒に飼ってもらえるといいんですが」

わたしは、即答で「はい」といった。そして、かごごと受け取った。とんとん拍子。その後、数分後には、2匹はわたしの部屋でうろちょろしていた。

「やっぱりネコがほしい」と思ってから、あっと言う間のことだった。あまりの成り行きの早さに、動物病院にいながら、その場にいた獣医さんも、「まずは、健康診断を」というのを忘れたのだろう。こっちも、すっかり忘れていた。

これが、わがペット人生新展開の、スタートだった。 

この2匹、名前をチャミとキャンディとした。

2

少し毛並みの整った状態のチャミ(左)とキャンディ(右)

にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2007年10月 4日 (木)

パグ絵・パグの大仏

Pugnodaibutsu

パグの大仏・開眼式

いつも見てくださり、また、暖かいコメントをくださる方々、ほんとうにありがとうございます。

ここのところ、目や目の周囲が痛かったりしてパソコンを開くのも控えていたのですが、医者にいったら、疲労による神経痛をおこしているとのことでした。しばらく安静にしていればおさまるそうなので、もう少し、おとなしくしていようと思います。

元気になりましたら、まだつづくわが愛しのネコとイヌの話のつづきや、パグ絵などをかいていきますので、よろしくお願いします。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

| | コメント (1) | トラックバック (2)

« 2007年9月 | トップページ | 2007年11月 »