« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »

2008年2月

2008年2月24日 (日)

イヌ騒動のはじまり

トラが加わって、ネコ3匹との落ち着いた暮らしになったと思った頃、それは突如としてはじまった。

当時、「知り合いのところでもうじきイヌの子が生れるんだけど、飼わないか」という話がもちこまれていたが、自分の仕事や生活パターンを考えると、イヌは無理だと断っていた。ネコだけでもなにかと費用がかかるし、積極的に相手をしてやらなければならいイヌまでは、とても面倒みきれないと思っていたのだ。イヌをかわいそうな目にあわせたくもない。それで、ずっと断りつづけていた。

そんなある日の朝、隣家の奥さんの叫び声がきこえてきた。なにごとか、と思ってとびだしてみると、隣家の庭で、大きなイヌが興奮状態ではしりまわっていた。逃げたいのだが、出口には腰をぬかさんばかりの奥さんが、動けなくなって立ちふさがっている。隣りの奥さんは、べつに動物嫌いではなかったが、あつかい方がまったくわからない、というひとであった。イヌは柴犬に比べるとひとまわりは大きい中型犬といったところだろうか。犬種がよくわからない。雑種らしい。体は全身うすよごれている。

パニック状態みたいだから、気をつけないとかまれるかも。そんなことを考えながら、そっとそのイヌに近づいた。すると、イヌはとたんにその場にすわりこみ、こっちが腕をのばしても、もう怖がるようすもみせなかった。本来、ひとに慣れている子なのだ。

「なんだ。おとなしい。これは、飼いイヌだな」

わたしはそうつぶやいてイヌを抱きかかえると、隣りの奥さんには、「あとはこっちでやります」とだけいって、そのまま自宅の風呂場までいき、とにかくその子の体を洗うことにした。

洗ってみると、きれいな白と茶の斑柄の優しい顔立ちのイヌになった。その子はその後、うちの居間までいくと、横倒し状態ですやすやと寝てしまった。ネコたちを気にするようすもなく、ネコたちも黙って遠巻きにみていた。

しばらくすると、裏に住むおばさんがやってきた。そして、イヌのことを説明しだした。

このイヌは、わたしたちの家がある小さな道から、車の通るやや大きな道に出たところの正面にある家で飼われていたもので、いっしょにハスキーがいたのだという。

イヌたちはもともとそこの奥さんと娘が世話していたものだが、ここの旦那というのが性格的に大問題のあるひとらしく、奥さんと娘はイヌを置いて出て行き、残った旦那も、イヌなど面倒みられるかとばかりに、その日の朝、道にほおりだしてしまったのだということだった。

ハスキーのほうは、早々に近所のひとが保護し、ともかくその家へ戻したらしいが、もう1頭がなかなかつかまらずに、ついさっきうちが保護したことを知ったのだ、とのこと。

そして、説明しおわったあとで、裏のおばさんはいった。

「あそこの旦那とは長いつきあいなんだけど、最近は飲んだくれてて、手におえなくなっているんだよ。いまも、ハスキーは飼うけど、もう1頭はむりだから、勝手になんとかしてくれ、なんていっててね。どうだろう、お宅で飼ってやってくれないかな。その気なら、あのひとは私としかまともに話さないから、私が話をつけてくるから」

いきなりそういうことになって、でも、もう逃げることはできなかった。

かわいそうなそのイヌは、いま、ひさしぶりに安心できる場所をみつけたのか、このうえなく安らかな顔をして寝ている。それを、またほおりだすわけにはいかなかった。

そして、ハスキーのほうも、いざというときはひきとらねばならないだろう。

イヌは飼わないと決意していたはずなのに、即刻腹をくくらねばならなくなった。

裏のおばさんに、「イヌは飼うつもりはなかったけど、緊急事態です。ハスキーもひきとる覚悟で、うちが面倒みましょう」というと、おばさんは喜んで、問題の家へむかっていった。そして数分後戻ってくると、「ハスキーはいいって。でも、そっちの子は御願いしますね」といった。飲んだくれおやじとやらは、いっさい姿もみせなかった。

ハスキーが心配だった。でも、ともかくこっちの子を飼う態勢にしなければ。ということで、そのイヌには「今後めぐみがありますように」ということで「メグ」と名づけ、すぐに首輪(つけてなかった)やらリード、ドッグフードなどを買いにいった。その日、自分は仕事をどうしたのか覚えていない。平日だったと思うのだけど、休んじゃったのだ、きっと。

夕方になり、わが人生で何年ぶりかになるイヌの散歩にでかけた。そのときは、どうしても飲んだ暮れおやじの家の前を通らなければならない。その家は、敷地いっぱいに高い壁をめぐらせていて、それまでもイヌの姿がみえることはなかった。そのときも、中のようすはまったくわからなかった。

しかし、問題のおやじは、どこからか散歩にいくこっちの姿をみていたらしい。

一週間ほどたったころ、問題は再燃した。

にほんブログ村 犬ブログへ

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年2月17日 (日)

押しかけネコ・トラ行方不明

トラの話のつづき。

チャミとキャンディをひきとったときの苦い思いがあるので、トラをうちにひきいれるとき、まずなによりも獣医さんの健康診断を受けることにした。それに、そのときすでにトラはお腹をこわしていた。

診断の結果は、下痢以外は問題なし、お腹も、油ものをあげないようにしていれば回復するとのこと。とにかく、まずはそれでひと安心となった。獣医さんは、トラをまじまじとみて、「それにしても、手足の大きな子だなぁ」といって笑っていた。

しかし、うちにたどり着くまでどうやって暮らしてきたのか、トラは油ものへの執着が激しく、夜な夜な台所で洗ってあるフライパンをなめつづける。夜中にゴシゴシというしつこい音に目が覚めて見にいくと、そんなありさま。昔の夜中に行灯の油をなめる化け猫の話を思いだした。以来、その行動がおさまるまで、フライパンは常に棚のなか、おかげで台所はいつもピカピカ状態に保たれることになった。

そしてお腹の調子もよくなった頃、ちょうどチャミがワクチン接種を受けることになっていたので、いっしょに獣医さんまで連れて行くことにした。獣医さんまでは車で行くのだが、2匹いっしょにいれられるキャリーバックがない。そこで、つぎはニャアちゃんもいることだしと、大きなプラスティク製のケージを用意した。これが、ちょっと問題だった。

病院についてケージを抱えて入り口に入ろうとしたとき、ケージの底に掃除用に引き出せるようになっていたトレイがすべりだし、中であわてたトラが、トレイが出たことによってできたわずかな隙間から、外へとびだしてしまったのだ。チャミのほうは、なにごともなかったかのように静かにしてたが、トラには突然すごい恐怖に襲われたのだろう。外に出ると、一目散に病院わきの狭い空間へと走り込み、すぐに姿がみえなくなった。

あわてて獣医さんにも知らせ、周囲を探したが、トラはみつからない。とうとうその日は、チャミのワクチン接種だけすませて家に戻った。そしてそれから約一ヶ月、仕事後毎日のトラ探しがはじまった。

季節は、秋。秋の長雨が続くなか、ときには冷たい雨に濡れながらの捜索だった。まだつきあいの浅いネコだったけど、一度うちの子と決めたからには、かんたんにあきらめるわけにはいかなかった。せっかく、自分を選んでやってきてくれたのに、配慮が足りなかったばかりに怖い目にあわせ、トラにとっては見知らぬ町にほうりだしてしまったことになるのだ。周囲からは、もうむりでは、ともいわれたけれど、それぐらいしなければ、申し訳がたたなかった。毎日肩を落として家に帰っても、とても落ち着いていられなかった。どこかで、心ぼそくしているトラを思うと、たまらなくなった。そんなときは、夜中でもまた捜索にいったりした。

そんなこんなのある日、獣医さんから電話があった。

「裏のほうでノラネコに餌をやっている家があって、いつも多くのネコが集まってくるんだけど、そのなかにトラちゃんらしいのがいたんですよ。今日、保護したところなんですが」と。

すぐにとんでいった。病院にいたのは、トラと同じ年頃、毛並み、顔つきの手足の大きい子。

「トラだ! トラだ!」とわめいたあと、ちょっと疑問もあって、「ほんとにトラか?」とその子にきいてみた。応えはない。

獣医さんは、「こんなに手足の大きい子は、めったにいないよ」といいながら、「たまにいるんだよな。こういう飼い主さんとの縁の強い子が」と、何度もうなづいていた。

健康状態は良好。かくして、トラは完全にうちの子になった。12年たついまや、大きかった手足にみあうように体も大きくなって、今日もこたつにもぐっている。

あのとき、わが家にはネコが3頭いることとなった。これで落ち着くかと思いきや、まもなく、今度はイヌ騒動がおきることになる。

22

うちの子となり、おとなになった頃のトラ。

性格は、神経質。カメラを向けると、いつもこんな顔。

にほんブログ村 猫ブログへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年2月10日 (日)

パグ絵・サギみるパグ

Photo_2

去年、もうそれっきりになるとは思わず、ただなんか嫌な暗い雰囲気は感じながら、モモを病院に連れて行く途中、川にサギがいるのをみました。

「モモ、サギだよ」

そういうと、モモはたいして興味なさそうに、顔だけ向けておりました。

あれから一年、悲しみと重なってしまったサギのイメージを変えたくて、こんな絵を描いてみました。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年2月 3日 (日)

モモ、一周忌

押しかけネコ・トラの話のつづきを書く順番だけど、このブログを始めるきっかけとなった愛しのパグ・モモの一周忌なので、モモのことばかり思い出していました。

目を閉じなくても、いつもの場所でごはんを待ってる姿―家のなかで、動くたびに一生懸命後追いしてくる姿―仕事している足もとで、わが足に寄りかかって寝ている姿―ふとんをしくと、先にいって早く寝ようとばかりにこっちを見つめている姿、そういったものが、見えてきます。

一年たって、自分は元気になったつもりでも、やっぱり心に開いた穴は、かなり大きかったようです。

いまだに、夜、亡きモモを病院から連れ帰った道は、通ることができません。

阿部寛さん主演のドラマ「結婚できない男」では、登場するパグばかり見ていましたし、コマーシャルでパグがでれば、なにをしてても手をとめて画面に見入ってしまいます。町で散歩中のよそのパグをみれば、怪しいひととなって近寄ってしまいそうになるのをがまんしています。それ以上に、パグ以外のどのイヌをみても、愛しくてたまらなくなります。

昔から、友人に「おまえは、ウェットすぎる」と批判されまたし、なにごとにつけ思いいれが強いせいか、変わっているなどともいわれます。ひどい場合は、「バカ」ともいわれました。

でも、なんだっていいんです。

今後もまた、さらに動物たちに関わって生きていくつもりです。それが生きているものであれ、死んだものであれ。

ちょっと、うっとうしいかもしれないけれど、自分はどうも、そうとしか生きていけないようです。

1

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年1月 | トップページ | 2008年3月 »