« 鎌倉漂着のウサギ骨 | トップページ | 柴犬・幸四郎(つづきのつづき) »

2008年3月30日 (日)

柴犬・幸四郎(つづき)

さて、幸四郎がうちにきた。でも、2歳だというのに、この幸四郎くんは、若イヌらしい元気さはまったくみせなかった。なによりも、やたらと咳こむのが気になる。そこで、私がひきとったという報告がてら、幸四郎が保護されていたという獣医さんのところへ行ってみた。

いつもネコたちをみてもらっている獣医さんに行こうかとも思ったのだが、そっちの獣医さんにも一度ぐらいは顔を出すのが礼儀だと考えたのである。

行ってみた結果、幸四郎の健康チェックはすでに済んでいて、なにも問題はないはずだという。となると、咳こむのは、ストレスからくる精神的なものではないか、と思えた。

ストレス――ないわけがない。どのくらいの期間かはわからないが、街中をひとりでさまよっていたのだ。頼りになるはずの、もとの飼い主から離れてしまって。

その獣医さんのもとには、保護されていたとき幸四郎がしていた首輪がのこっていた。汚れがこびりつき、あちこち敗れてひどい状態だ。鑑札など、もとの飼い主がわかるようなものは、なにもない。というよりも、本来の色もわからないようなしろものだった。あまりひどいので、早々にきれいなものに取り替えたらしい。この首輪をみていると、もとの飼い主との関係も、あまりいいものではなかったような気がした。

ともかく、まずは私という人間に慣れてもらわなければと思ったが、思うまでもなかった。幸四郎は、出会ったときから、私のそばにべったりついていて、前にも書いたが、ちょっとトイレにいくために離れただけでも、「ヨヨヨヨ~ン!」という悲しい叫びをあげつづけるぐらいだ。この声が、こっちの精神にダメージを与えてくる。短気な人間なら、耳障りだと怒りだすところだろう。近所への迷惑にもなる。

すでに、慣れてはくれている。だけど、精神的に受けているダメージは、かなり大きいようだ。いっしょに暮らしていくには、これはなんとかしなければならない。

幸四郎は、分離不安という状態になっているのではないかと考えた。ひとりぼっちになることを、極度におそれ、常にそばにいてくれとせがんでいるのでは。

だとすれば、犬からの要求に「へい、へい」と応えるわけにはいかない。私は、幸四郎が「ヨヨヨヨヨォーン」となきだしたときや、咳こみだしたときも、極力無視することにした。

無視して、無視して、おとなしくしているときは、こっちから思いっきりかまってあげた。そして、そんなこんなでひと月ほどたったころ、いつのまにか幸四郎の「ヨヨヨヨヨォーン」も「ゴホゴホ」も止まっていた。

同時に、顔つきもかわってきた。強く要求して応えてもらえなくても、私が自分を見捨てる人間ではないと、わかってくれたのかもしれない。

ときに、幸四郎が笑顔を浮かべているような気もしてきた。卓上にある人間の食べ物に口をだしてはいけないことも、すぐに覚えた。排泄に関しては、しつけをしなくても、もともとそれは外でするものだと思っていたのだろう、用をたしたくなると自分から玄関にいくので、私はそのときに庭に連れだしてやればいいだけだった。

こうして、幸四郎は日々元気がでてきたようなのだが、外にでるとその元気も満開になるのに、家のなかでは、動きがなくなってちぢこまっているのは変わらなかった。家のなかというのが、これまでの生活で、あり得ない場所、ずっと自分のいるべき場所としては認識されていなかったのかもしれない。ただ、車にのるのは大好きで、散歩に行こうと玄関をでると、まず道路へ進むよりも駐車してある車の前にすわり、扉が開くのを待とうとするのだった。

そんな車にのせて、幸四郎をいつもの獣医さんのほうに連れて行ったこともある。その獣医さんは、幸四郎をひととおりみて、

「保護していた獣医さんは、2歳といってたって? ふ~ん……」

といって考えこんでいるよう。このことばのつづきを聞くのは、ずっとあとになってからであった。

そしてそのころ、パグの子イヌが生れたので、いつひきとるか、という電話が頻繁にかかってきていた。

子イヌを生後すぐに親兄弟とひきはなすのは、よくない。それに、いまは幸四郎で手いっぱいなので、「子イヌは3カ月、いや4カ月ぐらいは親もとにおいといてくれ」との返事を繰り返していた。

そんなこんなで数ヶ月たったが、幸四郎にはどうしてもなおらない面もあった。

それは……。

                    ※         ※

ここまで書いただけで、けっこうな文字数になってしまった。中途半端だけど、このつづきは、また次回にさせてください。

にほんブログ村 犬ブログへ

|

« 鎌倉漂着のウサギ骨 | トップページ | 柴犬・幸四郎(つづきのつづき) »

「ペット」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/247234/11918603

この記事へのトラックバック一覧です: 柴犬・幸四郎(つづき):

» ネコを上手にしつけるには [ネコの気持ちを知りたい!]
ペットとしてネコを飼うとまずトイレトレーニングをしなければなりません。ネコは元来... [続きを読む]

受信: 2008年4月 3日 (木) 00時55分

« 鎌倉漂着のウサギ骨 | トップページ | 柴犬・幸四郎(つづきのつづき) »