« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月25日 (日)

ウマ、日本へ(4)

Photo

ウマと人がいつ出会ったのか、確かなことはわかっていない。

ただ、アメリカ大陸からベーリング海峡を渡ってユーラシア大陸へと分布を広げていくウマの北方拡散経路と、それに沿うように発展したスキタイやら鮮卑やら蒙古やらが騎馬民族と呼ばれる文化をもつことを考えると、彼らの先祖がどこかでウマと出会い、飼育するようになったのは確かだろう。

そこには、歴史として語られることのないドラマがあったはずなのだが、それは、想像・創造してみるしかない。

いつか、そんなドラマを描いてみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

鎌倉漂着のクジラ類の歯

B_2

鎌倉の浜で採集した大型の歯です。

この資料は、ゴンドウクジラの仲間の歯ではないかと思うのですが、比較標本がないので確認できずにいます。上顎の歯か下顎の歯かも、まだ判明していません。

もう少し細かく調べてみようと考えていますが、今後は、こうした資料のより詳細な調査結果などを、『動物骨通信(仮題)』といった機関誌を作成して、そこに掲載していこうかと企んでいるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

龍神とオオカミ・パグ付

Photo

今年の願いを描こうと思ったのですが……。

もっとじっくりと絵を描く時間が欲しい昨今です。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年1月 4日 (日)

ウォンバット

ここ数年、正月に多摩動物園に行くのが恒例となっております。夏頃にも行くので、だいたい年2回の多摩動物園詣でとなるわけですが、いつ行っても、ウォンバットは土にもぐっているので、背中かおしりの一部しか見たことがありませんでした。

ところが、今年は飼育場の中をうろうろしていて、

1

通路前にある木の台の前に立つと、ウォンバットもそこにやってきて、

2

よっこらしょ、と木の台にのぼり、

3

なんとなくご挨拶、そして、

5

大あくびをしたら、

6

横を向き、

7

後を向いて、おしりを見せたと思ったら、

8

そのまま動かなくなりました。

わずかな時間でしたが、やっと目前で見られた生ウォンバット。

年明け早々、なにかいいことがありそうな幸せな気分になれました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年2月 »