« ウマ、日本へ(5) | トップページ | 貝塚調査 »

2009年3月 8日 (日)

鎌倉漂着のネコの骨

Photo

Photo_3

鎌倉の浜で採集したネコの左大腿骨です。

写真右が外面で、左が内面になります。骨全体の感じからすると、最近のものでしょう。

骨頭部の球形の部分の癒合が甘く、写真の下側になる部分では、大腿骨滑車が遊離しております。つまり、はずれてなくなってしまっています。

これは、骨が完成していない、おとなの体へと成長過程にあるということで、このネコがまだこどもの域であったことを示しています。

この子になにがあったのか、どうして骨が浜に漂着することになったのか、そんなことを考えていると、胸がつまってきます。

でも、こういう骨を無視してしまえば、この子の存在自体がなかったことになってしまう気がします。骨をみて、かつて命あったものたちの存在を認識し、なにがあったかを考えていくのが、私の仕事だと思っています。

|

« ウマ、日本へ(5) | トップページ | 貝塚調査 »

「ペット」カテゴリの記事

「動物」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/247234/28497022

この記事へのトラックバック一覧です: 鎌倉漂着のネコの骨:

« ウマ、日本へ(5) | トップページ | 貝塚調査 »