2010年1月10日 (日)

謹賀新年

2010

1月も21日になって、「迎春」の字が間違っていたことに気付きました。

「あれ?」と思った方々、幻と思ってください。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年12月26日 (土)

パグ絵 紅葉とクリスマス

Momiji

Christmas09

なかなか絵を描いている時間がなくて、夏の終わり頃から去年のイメージで紅葉の絵を描いていたら、クリスマスも終わってしまいました。

Bluemarinさん、コメントありがとうございました。

また、このブログを訪れてくださった皆様、ありがとうございました。

よいお年をお迎えください。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

ニホンオオカミ絵・パグリオネ飛ぶ滝にて

Photo

街で、散歩中のイヌとすれちがい、そのとき、イヌが笑顔を含んだ目で、じっとこっちを見つめてくれると嬉しくなる。

なかには、横道に入ろうとしてリードをひっぱる飼い主さんに逆らってその場に立ち止まり、僕が近寄り、目を向けつつ通り過ぎるのを待ってくれる胴まわりパンパンのビーグルくんもいる。

あいつ、どうして、そうまでして僕を気にしてくれるのだろう。

おかしくて、幸せで、つい声をあげて笑ってしまう。

イヌたちよ、

いつかきっと、また君たちを抱きしめる日がくるだろう。

そう信じて、僕は夕方の街を歩くのだ。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月22日 (日)

ニホンオオカミ絵・盆栽オオカミ

Photo

最近、あるところで、岩に樹幹が巻きついている盆栽を見ていたら、オオカミを立たせてみたくなった。

樹上にいるなんて、「ネコじゃないんだから」と思いつつ、あくまでも幻想ということ描いてみたのだけれど……。

それにしても、ニホンオオカミを描くのは難しい。なかなか上手く描けません。タイリクオオカミのようなイメージでは違っているようだし、ほっそりさせすぎるとキツネみたいになるし、たくましくしようとすると太ったイヌのようになってしまう。もっと修行をつまなくては。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年3月 8日 (日)

鎌倉漂着のネコの骨

Photo

Photo_3

鎌倉の浜で採集したネコの左大腿骨です。

写真右が外面で、左が内面になります。骨全体の感じからすると、最近のものでしょう。

骨頭部の球形の部分の癒合が甘く、写真の下側になる部分では、大腿骨滑車が遊離しております。つまり、はずれてなくなってしまっています。

これは、骨が完成していない、おとなの体へと成長過程にあるということで、このネコがまだこどもの域であったことを示しています。

この子になにがあったのか、どうして骨が浜に漂着することになったのか、そんなことを考えていると、胸がつまってきます。

でも、こういう骨を無視してしまえば、この子の存在自体がなかったことになってしまう気がします。骨をみて、かつて命あったものたちの存在を認識し、なにがあったかを考えていくのが、私の仕事だと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年3月 1日 (日)

ウマ、日本へ(5)

Photo

騎馬民族・鮮卑のイメージ図を描こうとしたが、意外と資料が少ない。

人物の服装や馬具など、もっと詳細に調べたかったのだけど、とりあえずは、ここまで。

大雑把に紀元前後、その後蒙古と呼ばれる地域には、烏孫・匈奴・烏桓・鮮卑といった民族が興亡の最中にあったけど、これらは一様に北方騎馬民族といわれている。

こうした民族が、その後中国や韓半島へ勢力をのばす。

ウマも、かれらの動きとともに、南方へと広がっていったものだろう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年2月 8日 (日)

ニホンオオカミのこどもたち

Photo

ニホンオオカミのこどもというのは、どんな姿だったのだろう。

生まれたばかりでは、全身真っ黒だったのかな。

巣穴から出てきて、じゃれる兄弟と、大地にしっかりと立ってこれから生きていく世界をみつめるこどもを描こうとしたけど、ずんぐりしてしまった。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月25日 (日)

ウマ、日本へ(4)

Photo

ウマと人がいつ出会ったのか、確かなことはわかっていない。

ただ、アメリカ大陸からベーリング海峡を渡ってユーラシア大陸へと分布を広げていくウマの北方拡散経路と、それに沿うように発展したスキタイやら鮮卑やら蒙古やらが騎馬民族と呼ばれる文化をもつことを考えると、彼らの先祖がどこかでウマと出会い、飼育するようになったのは確かだろう。

そこには、歴史として語られることのないドラマがあったはずなのだが、それは、想像・創造してみるしかない。

いつか、そんなドラマを描いてみたいものだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月18日 (日)

鎌倉漂着のクジラ類の歯

B_2

鎌倉の浜で採集した大型の歯です。

この資料は、ゴンドウクジラの仲間の歯ではないかと思うのですが、比較標本がないので確認できずにいます。上顎の歯か下顎の歯かも、まだ判明していません。

もう少し細かく調べてみようと考えていますが、今後は、こうした資料のより詳細な調査結果などを、『動物骨通信(仮題)』といった機関誌を作成して、そこに掲載していこうかと企んでいるところです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年1月11日 (日)

龍神とオオカミ・パグ付

Photo

今年の願いを描こうと思ったのですが……。

もっとじっくりと絵を描く時間が欲しい昨今です。

にほんブログ村 犬ブログ パグへ

| | コメント (1) | トラックバック (0)